迅速な発見で大腸がんをシッカリ予防|治療で健康的なカラダ

医者

放置するのは危険です

smile

自覚症状

「がん」と一口に言っても、様々なタイプがあります。その中の一つに「食道がん」があります。実は食道がんは少し前まで不治の病とも言われるほど有効な治療法のないものでした。自覚症状についても、初期段階ではほとんど無いため、早期発見が難しいとされています。食道がんの初期症状の一つとして、食べ物を飲み込んだ時などにチクチクとした痛みを感じるということがあります。しかし、このような症状は時間の経過とともに感じなくなることもあり、治ったかのように感じる人も多いようです。しかし、そのまま放置することで、手遅れとなってしまう事も多いため、注意が必要です。また、食べ物がのどにつかえるような違和感を感じた場合には、早めに医療機関を受診することが重要になります。

予防するために大切なこと

食道がんの発生率は、女性よりも男性、40代後半以降に増加するという傾向にあります。食道がんが進行すると、急激な体重の減少が見られるようになります。それまでと同じ生活をしているにも関わらず、3ヶ月間に5kg以上体重が減少しているという場合には、検査を受けてみると良いでしょう。近年では、食道がんは喫煙・飲酒と大きな関連があると言われるようになりました。喫煙・飲酒は習慣となることも多く、なかなかやめることが出来ないと感じている人も多いようです。健康のことを考えるのであれば、出来る限り習慣を見直すようにしましょう。食道がんになるリスクを減らす事が出来るだけではなく、経済的な負担も軽減されるなどのメリットもあります。