迅速な発見で大腸がんをシッカリ予防|治療で健康的なカラダ

医者

減塩対策

flower

がんのリスク

がんの種類により治療率や発生率は異なります。以前は胃がん患者数が多かったです。がんになるためには様々な要因があります。すべてに共通することは遺伝子の異常や、免疫力低下、発がん物質の摂取などがあります。胃がんのリスクファクターは食塩だと言われており、最近の減塩対策により発症率がかなり低下しています。胃がんの場合初期であれば、胃の一部切除により取り除くことができ、胃は再生するためそのうち正常細胞が増殖することもあります。食塩の取りすぎは数日では気にしなくていいです。恒常的に漬物や魚の塩焼き、味の濃いものの食べ過ぎなどを食べることにより発症リスクが高くなります。しかし減塩のし過ぎは熱中症や様々な体調不詳の原因になるため、ほどほどに塩分はとる必要があります。

減塩商品

胃がんのリスクファクターになるためではなく、高血圧予防のために様々な減塩商品が販売されています。今の摂取基準では1日8gまでとされています。しかし熱中症や脱水症状の予防の点から賛否両論あり、少しのオーバーなら気にすることはないです。高血圧はほとんどの方は持っている疾患であるため、この原因になるとされている塩分を少なくするにより、脳梗塞などの関連疾患も予防できると言われています。塩分は腎臓で調節されるため、腎臓が悪い方は医師の指示に従い塩分量を調節してください。自炊する方でも、スーパーで惣菜を購入する場合でも思ってる以上に塩分が含まれています。塩分のことを気にしない場合1日10gは超えていると思います。そこで1つ1つを減塩製品に置き換えることで少しは少なくなるため、人気が高いです。