迅速な発見で大腸がんをシッカリ予防|治療で健康的なカラダ

医者

肺の悪性腫瘍

病棟

重い病気とされるがんの種類には肺がんなどがあります。この病気にかかる方は少なくありません。この肺がんの主な原因として言えるのがタバコです。タバコを吸っていくことで肺がんにかかってしまうのです。

がんは早期発見が大切

看護師

その初期症状とは

大腸がんの原因は、遺伝や喫煙、過度のアルコール、腸内細菌の変化、食生活の欧米化、ストレス、肥満などが考えられます。大腸がんは、症状が非常に出にくいがんなので気づいたときには症状がかなり悪化している場合も多いのです。その主な症状は、血便や下痢、便秘、腹痛、腹部のしこりなどがあります。しかし、血便は少量では見分けがつきにくく、痔の出血だと勘違いする人もいて便秘や下痢、腹痛なども見過ごされがちです。これらの症状がひどくなりクリニックで検査をした時には大腸がんがかなり進行している場合があります。体のほかの臓器や骨に転移していたりする場合もあり、手術などの治療が不可能で手遅れになっている人も多いのです。

定期検診をしよう

大腸がんは、初期症状がわかりにくいので重症化してから発見される場合が多く定期的な健康診断をすることが大切です。これなら、大腸がんに限らず多くの病気が初期症状で見つかることが多いので早めに治療することができます。大腸がんは、年に1度の便潜血検査を受け、血液が認められた場合は大腸の内視鏡検査を受けます。これは高い確率で大腸がんを発見でき、早期の治療を行うことを可能にします。大腸がんの治療は、早期であれば内視鏡を使った方法で完治をすることが可能です。内視鏡を肛門からいれ高周波電流でガンを焼き切る方法です。内視鏡療法が困難な場合は、腹部に小さな穴を開けて治療する使腹腔鏡手術が行われます。これは術後の回復が早く体への負担は少ない治療法です。

大腸がんの原因としては、食生活で高カロリーが多い人やデスクワーク、そして高齢者などに多くなる病気なのです。日本では、治せる病気になったのですが、先進国を中心に死亡率が多い病気です。大腸がんを早期発見することが大切で、発見することで治す可能性も高くなっていきます。でも、どのように発見していけばいいのか、定期的に大腸検査をすることで早期発見や予防をすることができるのです。このように、最近食生活が乱れているなという人は予防や早期発見のために定期検査をしていきましょう。

減塩対策

flower

胃がんのリスクファクターは塩分であるため、近年では有病率が低下しています。また塩分は高血圧にも影響するため、減塩商品が人気です。毎日少しずつ減塩に気を付けることにより、様々なメリットがありますが、減塩のし過ぎには注意が必要です。

放置するのは危険です

smile

初期段階では見つけにくい食道がんですが、食べ物を口にした時に感じるわずかな違和感に注意することが出来れば、早期発見することが出来る可能性もあります。食道がんを予防するためには、喫煙・飲酒などの生活習慣を見直すということも大切になります。